若かりし宮崎駿監督と高畑勲監督が手がけた、「アルプスの少女ハイジ」のリマスターDVDボックスが発売されます。
バンダイビジュアルにて、11月26日に18,900円で発売。

アルプスの少女ハイジ

 オリジナル35mmフィルムから新たにテレシネを行ない、色鮮やかな映像に生まれ変わったという。テレシネ作業には演出の高畑勲氏も立会い、「お墨付きをいただいた」(バンダイビジュアル)という。リマスター前と、後の比較画像も公開された。

アルプスの少女ハイジ

 片面2層ディスク9枚に、全52話を収録。本編の収録時間は約1,339分となる。音声はドルビーデジタルモノラル。映像は4:3。日本語字幕も収録する。

 映像特典として、第1話の予告、ノンテロップオープニング/エンディングを収録。さらに、24ページのライナーノートも付属する。

 ライナーノートには、同作品で演出を担当した高畑勲氏、画面設定と画面構成を担当した宮崎駿氏、キャラクターデザインと作画監督を務めた小田部羊一氏、そしてハイジ役の杉山佳寿子さん、ペーター役の小原乃梨子さんへの新規インタビューも収録。

 コメントの一部も公開されており、作品について高畑氏は「スタッフみんなにとって『ハイジ』は心に残る仕事になったと思います。僕ももちろんそうですけど。」、宮崎氏は「パクさん(高畑勲)は いい仕事をしました」と、語っている(インタビューより抜粋)。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事