愛・地球博記念公園 サツキとメイの家2005年に愛知万博の会場となった現在の「愛・地球博記念公園」が、「ジブリパーク(仮)」として再整備されることが発表されました。
ジブリの鈴木敏夫プロデューサーと、愛知県の大村秀章知事が5月31日に、名古屋市内で会談し、大筋で合意したとされています。



宮崎駿監督作品『となりのトトロ』の世界を、園内200ヘクタールで再現するといいます。2020年代初頭のオープンを目指し、順次整備を重ねるが、木々の伐採など新たな開発はしないそうです。

いわゆる遊園地の遊具的なアトラクションの建設は予定されていないようで、公園の自然を活かした形で再整備される模様。スタジオジブリは海外のファンも多いことから、国内外から観光客を呼び込む超目玉施設となりそうです。
運営会社や出資先は、ジブリと県で詰めていき、今後、企業の幅広い参画を募っていくようです。

現在、愛・地球博では、2005年の愛知万博で公開された「サツキとメイの家」が人気となっています。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事