サツキとメイの家愛知県の大村知事は、26日の県議会で自民党の代表質問に答え、県庁内に新たに「ジブリパーク構想推進室」を設置し、パークの整備に向けたスタジオジブリとの調整などを進めると明らかにしました。
「ジブリパーク」は愛・地球博記念公園の中に、『となりのトトロ』の世界を再現する「トトロのふるさと村」を整備する構想で、2020年代前半のオープンを目指しています。



愛知県とスタジオジブリは打ち合わせを重ねており、事業計画や全体像の大枠が固まり次第、大村秀章知事と鈴木敏夫プロデューサーが共同会見を行なう予定です。

大村知事は、「子どもから大人まで楽しめる、夢とファンタジーの世界をつくりたい」と語っています。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事