ジブリパーク愛知県の大村秀章知事は記者会見にて、愛・地球博記念公園につくる「ジブリパーク」を2段階で開業し、一部を2022年秋にオープンすることを名言しました。
大村知事は「オペレーションを考えると2段ロケットでやったほうがスムーズにいく」と述べています。



スタジオジブリの作品をモチーフにした建物を配置し、テーマごとに五つのエリアで構成。このうち、『ハウルの動く城』に出てくるような19世紀末の空想科学をイメージしたエレベーター棟がある「青春の丘」、映像展示室や収蔵施設でつくる「ジブリの大倉庫」、『となりのトトロ』の田園風景をイメージした「どんどこ森」の3エリアは2022年秋の開業を見込んでいます。

また、『もののけ姫』のタタラ場をイメージした体験学習施設などを配する「もののけの里」、ハウルの城などを設ける「魔女の谷」の2エリアは、先行開業から1年後のオープンを予定しています。

愛知県は現在、基本構想の策定作業を進めており、新たな整備イメージ図を公開しました。

青春の丘エリア

ジブリパーク
『耳をすませば』の地球屋や19世紀末の空想科学をイメージしたエレベーター棟を設ける「青春の丘エリア」

どんどこ森エリア

ジブリパーク
『となりのトトロ』の田園風景などを再現する「どんどこ森エリア」

もののけの里エリア

ジブリパーク
『もののけ姫』のタタラ場などをもとに、里山的風景をイメージした「もののけの里エリア」

魔女の谷エリア

ジブリパーク
『魔女の宅急便』などの北ヨーロッパをイメージし、ハウルの城などを整備する「魔女の谷エリア」


ジブリ情報配信中



関連記事