ジブリの大博覧会12月8日から富山市ガラス美術館で開幕する、特別企画展「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」で、観覧券の半券提示で市内の美術館など6施設の入館料が割引になるサービスを実施されます。
森雅志 富山市長が定例記者会見で発表しました。



ジブリの大博覧会は、これまでも全国各地で開催されており、大人気となっている展覧会。この開催を機に、富山市ではまちなかで回遊を楽しんでもらうための企画として発案。ギャルリ・ミレー、森記念秋水美術館、樂翠亭美術館、市の郷土博物館、佐藤記念美術館、ガラス美術館(常設展)で半券を見せると、入館料が40~200円安くなります。
割引は、ジブリ大博覧会の会期中であれば適用されます。


ジブリ情報配信中



関連記事