ジブリの大博覧会六本木ヒルズ展望台・東京シティビューのスカイギャラリーで、開催していた「ジブリの大博覧会 ナウシカから最新作『レッドタートル』まで」が、9月11日をもって終了しました。
期間中の入場者数は502,854人にのぼり、東京シティビューで開催された展覧会で過去最高の入場者数記録となりました。



ジブリの大博覧会
本展は、2015年9月12日~11月8日まで愛知で開催。その後、巡回が始まり、3月5日~5月15日まで新潟で開催され、7月7日~9月11日まで東京・六本木ヒルズ会場にて開催されました。

ジブリの大博覧会
今回の六本木ヒルズ会場から、スタジオジブリ最新作『レッドタートル ある島の物語』の展示が追加。さらに、東京シティビューの眺望を生かした「空とぶ機械達展」も追加され、話題となりました。この飛行船は、どこへ行くんでしょう。

ジブリの大博覧会 鈴木敏夫
また、当初は、チケットが一般価格で2300円と高めに設定されていましたが、鈴木敏夫プロデューサーの鶴の一声で1800円に値下げされるという一幕も。

ジブリの大博覧会 THE SUN
東京シティビューに隣接するカフェ&レストラン「THE SUN」では、大博覧会の会期中、ジブリ作品に登場する食事をイメージした、「ジブリ飯」が提供され人気となりました。


ジブリ情報配信中



関連記事