高畑勲監督のエッセイ集『アニメーション、折にふれて』が発売

高畑勲監督のエッセイ集『アニメーション、折にふれて』が12月6日に発売されました。
スタジオジブリが発行する小冊子『熱風』などに掲載されたエッセイや対談、インタビューを中心に編集されています。
高畑勲監督のアニメーション制作への思い、映画づくりを支えてきた仲間たち、日本文化や日本語について、さらには、知られざる監督の日常の姿など,高畑監督の映画づくりから人間像にまで幅広く迫る一冊です。



目次

1 日本の文化とその風景
加藤周一『日本 その心とかたち』をめぐって
闇と光
暮らしのそばに農村景観を維持する

2 日本語を話すとき
蝶々談義
この世を力いっぱい生きたかった宮澤賢治
日本語の音韻――アニメーション映画制作から見えてくるもの

3 子どもという存在
石井桃子さんから学んだこと〈対談・宮崎駿〉――子どもがほんとうに喜ぶ作品をつくる
子どもの「尊厳」をとらえた稀有な画家,いわさきちひろ

4 一緒にやってきた仲間たち
タエ子の顔のいわゆる「しわ」について
わたしの知る井岡さんの画業
われらが同志,小田部羊一
寺田寅彦に見せたかった
里山に開かれた窓
『火垂るの墓』から,はや二十四年
追悼・氏家齊一郎
山本二三さんの美術

5 漫画映画のつくりかた
今村太平から得たもの
レイアウトはアニメーション映画制作のキイ・ポイント
脳裏のイメージと映像のちがいについて

6 尊敬する,刺激しあう
ジョン・ラセターとピクサーを讃える
戦争・国境・民族・民俗――バックさんの自伝を読んで
日本文化への警鐘と愛
水に落ちたハリネズミはなぜあがかないのか
「思い残し切符」
『キリクと魔女』の世界を語る

7 こんな映画をつくってきた
見習い時代に目撃し,学んだこと
心に残る仕事,『ハイジ』 
『赤毛のアン』はユーモア小説
TVシリーズ「世界名作劇場」のこと

8 伝えたい,このこと
戦争とアニメ映画
後輩の皆さんへのお願い

9 監督,ある日の姿,ある日の考え
『竹取物語』とは何か
ゴキブリ体操
アニメ映画とフランス
老人向き
ホトトギスの謎
お国自慢
禁煙レポート

あとがきにかえて

アニメーション、折りにふれて
スタジオジブリの内と外、こんな仲間たちと映画をつくってきた。ここにこだわって考えてきた。新作『かぐや姫の物語』はこうしてできた。これだけは言っておきたい、だからエッセイ集。日本の漫画映画の来し方を振り返りつつ、その映画づくりにかける思いから、知られざる日ごろの姿まで、高畑監督の人間像に幅広く迫る一冊。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事



1 Comment

  1. このエッセイ集は読んでみたいなー。高畑さんは宮﨑駿さんとか鈴木敏夫さんに比べて圧倒的に露出がすくないからかなり貴重な本だと思う。:高畑勲監督のエッセイ集『アニメーション、折にふれて』が発売 【ジブリの

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑