セロ弾きのゴーシュ昨年の4月に亡くなった高畑勲監督を偲んで、5月2日に練馬区立生涯学習センターホールにて『セロ弾きのゴーシュ』上映会が行なわれます。
若きセロ(チェロ)弾きゴーシュが、猫やカッコウや子だぬきたちと交流しながら音楽家として成長してゆく物語。本作は宮沢賢治が原作で、弟の宮沢清六氏がアニメーションを監修しています。



また、上映のほか、プロによるチェロ演奏や、高畑勲監督と親交のあった方たちによる『セロ弾きのゴーシュ』制作秘話などのトークも企画されています。

高畑勲監督『セロ弾きのゴーシュ』ねりま上映会
プログラム内容

チェロの演奏とお話
チェリスト/寺井つねひろ(35分)
お話/梶取さより

『セロ弾きのゴーシュ』
アニメー ション上映(60分)

高畑勲監督と親交のあった
イラン・ グエン氏によるトーク

「高畑勲監督とセロ弾きのゴーシュ」(15分)

日程:2019年5月2日(木・祝日)
時間:昼の回/14~16時、夜の回/18~20時
場所:練馬区立生涯学習センターホール
料金:大人 前売りチケット1000円(当日1500円)/小人 前売りチケット500円(当日 800円)

『セロ弾きのゴーシュ』Blu-ray
高畑勲監督が宮沢賢治の名作をアニメーション映画化。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事