ジブリの立体建造物展現在、大阪のあべのハルカス美術館で開催されている「ジブリの立体建造物展」。3年前に東京で始まり、釜山、長野、愛知、熊本と全国を巡回してきた本展覧会は、国内では大阪が最後の展示となります。人気展にもかかわらず、最後となるその理由を、スタジオジブリの橋田真さんが明かしました。



「なぜ国内でこれで終わりになるかというと、それはこの展覧会が大変貴重なジブリの宝物をいっぱい展示しているからです。宮崎駿の原画、直筆、肉筆がいっぱい出ています。これは全部水彩で描かれていて、1度色があせると2度と戻らないんです」と理由を明かし、特に貴重だとされるのがイメージボード。本人が関わる作品はすべて、宮崎監督が描いているという。「こんな映画で、こんな登場人物、こんな舞台……と自分なりに頭を整理するために描いたもの。この絵を1枚描くために、ホントにうんうん唸って創る、宮崎さんにとってはすごく大切な作品です」。

「スタッフだけが見るものなので、映画の画面には出てこないのですが、すごく大事なもの。今回は、宮崎が自らの手で描いた舞台設定の絵がたくさん展示されていますが、国内ではしばらく展示されないだろうと思います。この展覧会も含めて、ちょっと出し過ぎたなって(笑)。これから先、宮崎さんの手描きというのは世界的に価値が出てくる可能性がある。基本的にはジブリ美術館の収蔵庫に大切に保管して、どうしてもっていうときに出させていただく」と語りました。

ジブリの立体建造物展
会期:2017年12月2日(土)~2018年2月5日(月)
会場:大阪・あべのハルカス美術館
休館:12月4日(月)、11日(月)、2018年1月1日(月・祝)は休館
時間:10:00~20:00(入場は19:30まで)
入場料:一般 1500円 / 大学、高校生 1100円 / 中学、小学生 500円


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事