ジブリの立体建造物展スタジオジブリ作品に登場する建物を紹介する「ジブリの立体建造物展」が、大阪市阿倍野区のあべのハルカス美術館で開幕しました。1984年公開の「風の谷のナウシカ」から、2014年の「思い出のマーニー」までの約20作品に登場する建物の模型や背景画など約450点を展示。



開幕の前日に行われた開会式には、オフィシャルサポーター・横山だいすけが登壇し、テープカットなどのセレモニーを行った。

オフィシャルサポーター 横山だいすけコメント
おなじみの作品にこんな事があったんだなどの魅力を見つけて、楽しんで、想い出を作っていただけるよう、全力でサポートをしていきたいと思っています。一人でも多くのかたに新たな魅力を発見していただきたいです。

あべのハルカス美術館 館長 浅野秀剛コメント
時代背景が懐かしくて夢のある建造物展になっていると思います。自身の幼いころにあったような、今でも存在しているかもしれしれない、この世界観を楽しんでください。

スタジオジブリ 代表取締役会長 星野康二コメント
3年前に展示会をスタートし、数多くの展示してきましたが、当初、宮崎監督は嫌がっていました。アニメーションは完成して動くのを見てもらってなんぼ。制作の裏側をみせるなんて…と言っていたのですが、現在スタジオジブリにいる約200人のスタッフの技術と裏側を見てほしい。という想いになり開催することができました。今回のあべのハルカス美術館(大阪)での巡回が国内最後となります。現在、宮崎監督と多くのスタッフは次回作の制作に筆を進めています。その応援のひとつとしても、この展覧会を観に来てほしいです。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事