二木真希子『世界の真ん中の木』『小さなピスケのはじめてのたび』『小さなピスケのはじめてのともだち』東京・西荻窪のササユリカフェにて、4月20日~5月29日の約一ヶ月間「二木真希子展」が開催されます。
二木真希子さんは、スタジオジブリで活躍したアニメーター。昨年、2016年5月13日に亡くなって1周忌となります。
本展を観覧し、二木さんの功績を忘れないよう心に留めましょう。



二木真希子さんは、著作として『世界の真ん中の木』や、絵本『小さなピスケのはじめてのたび』、『小さなピスケのはじめてのともだち』。挿絵として、『精霊の守り人』シリーズなどがあります。

展示内容は、二木さんの手掛けたアニメーションの原画が800枚以上。「守り人」シリーズの挿絵(複製)から、二木さんがアマチュア時代に制作したシネカリグラフィー「シネカリニバル」「思いつくまま」「IMAGE」が店内で上映されます。

「二木真希子展」in ササユリカフェ
会期:2017年4月20日(木)~5月29日(月) 
定休:火曜・水曜、その他短縮営業や貸切営業などあり
時間:11:30~21:30ラストオーダー
料金:ワンオーダー


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事