[シネマトゥデイ映画ニュースの記事です]

大橋のぞみと一緒に歌った「崖の上のポニョ」が大ヒットを記録し、紅白歌合戦にも出場した藤岡藤巻の藤巻直哉が、スタジオジブリとの深いかかわりについて語った。「ポーニョ、ポーニョ、ポニョ、さかなの子」の歌い出しで、大橋のぞみと共に2008年の音楽シーンを席巻したおやじエンターテインメントデュオ藤岡藤巻。その一人、藤巻は、実は大手広告会社に勤めるサラリーマンで、スタジオジブリ作品に4度の声優出演を果たしているという異色の人物。映画『コクリコ坂から』では、スタジオジブリとKDDIとのタイアップを見事まとめてみせ、一部では彼を「スーパーサラリーマン」と呼ぶ声も。そんな藤巻は、宮崎駿監督から「植木等の後継者」と称され、“お気楽なおじさん”として親しまれているという。



スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーを筆頭に、藤巻をよく知る人たちは、藤巻について語るとき、「あの人は本当に怠け者だからね」とあきれながらも、どこか楽しげな表情になる。そんな周りからの評価に、藤巻氏は「鈴木さんによると、自分みたいないいかげんな人間は、昔は会社にたくさんいたというわけ。でもそういう人間は、普通は生きていく上でだいたい淘汰(とうた)されてしまうものなのに、どうしておれは生き残ってしまったんだろうって言うんだよね。でもみんな、異論はあるかもしれないけど、一応おれなりに頑張っているんだけどね」と反論するが、その様子もどこかのらりくらりとしていて面白い。

記事の全文はシネマトゥデイでご覧ください。

「崖の上のポニョ」で紅白出場の藤巻直哉は、宮崎駿監督から「植木等の後継者」と称賛されるサラリーマン!
http://www.cinematoday.jp/page/N0034129


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事