思い出のマーニー×アイフルホーム『思い出のマーニー』の公開に先駆けて、特別協賛が決定しているアイフルホームとスタジオジブリのコラボ新CM「大空間の家篇」を制作されました。2014年6月29日(日)よりテレビ放映が開始されます。
なお、同CMはアイフルホーム公式サイトの、キャンペーンスペシャルサイト内で先行公開されています。
また、キャンペーンサイトでは、『思い出のマーニー』の美術監督を務めた種田陽平さんのインタビューも掲載されています。



同社は「こどもにやさしい は みんなにやさしい」をコンセプトとし、松下奈緒さんをイメージキャラクターにこれまでも多くのCMを放映してきた。今回は、2013年公開のスタジオジブリ映画「かぐや姫の物語」に引き続き、「思い出のマーニー」に特別協賛することとなり、これにあわせて、スタジオジブリ、松下奈緒さんとアイフルホームがコラボレーションした新CMを制作。

今回のCMは、今年30周年を迎える同社が7月より発売する新商品の特長である「大空間・大開口」の魅力を、同社の『お客様の家づくりを一生懸命お手伝いしたい』という想いと、「思い出のマーニー」のキャッチフレーズである『あなたのことが大すき。』という想いを通して、松下奈緒さんが伝える内容となっている。

 

『思い出のマーニー』美術監督・種田陽平インタビュー

「2011年の日本アカデミー賞授賞式の会場で、米林監督と鈴木(敏夫)プロデューサーにお会いしたんです。ご挨拶したら“アニメやらない?”と言われて。そのとき“やります、やります”なんて、調子良く返事したのを覚えてます(笑)。それから1年後くらいに鈴木さんから“原作を送ります”という連絡がありました。僕はキアヌ・リーブスの初監督作品の仕事で香港にいたのですが、帰国したら原作が届いていました。とにかくお会いしなきゃと思い、スタジオジブリに来たら、すでにやることになっていたんです。“まだ返事してないんだけどな~”って(笑)。強引に引きずり込まれた感じでしたけど、自分の中に“引きずり込まれたい”という欲求があったのも事実。原作を読んで感動し、すでにイメージが膨らんでしまっていたんですよね」

「建物のデザインは得意分野。最初の段階で詳細な図面と模型を作りました。もう“どうだ!”って感じですよね(笑)。監督が“この模型から具体的なイメージが膨らみます”と言われたので、良かった、となりました。“湿っ地屋敷”のイメージについて言えば、実は、最初の打ち合わせのときに宮崎(駿)さんがフラッといらして、“湿っ地屋敷”のイメージをぶわーっと話された。宮崎さんが仰ったのは、“マーニーは蔵に閉じ込められたお姫様”。そのとき僕が考えていた屋敷のコンセプトとは異なるものだった。心の中で“違うよな~”って思ってました(笑)。でも、実際にデザインを始めたら、宮崎さんの言葉にものすごく影響され…。改めて、“宮崎さんはすごい”と思いましたね。だから、マーニーの部屋は堅牢な石造りです。“蔵”にはしませんでしたけど(笑)」

米林宏昌画集 汚れなき悪戯
マーニーをはじめ、アリエッティやジブリ各作品の美しきヒロインたち、自ら描きためていた未公開の美女画などを一挙収録するほか、本書のための描きおろしを25点以上も収録した、オールカラー豪華画集!

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事