北海道の札幌駅構内の「パセオ」にジブリグッズを扱う専門店「どんぐり共和国」がオープンしました。
同店は、「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「千と千尋の神隠し」や最新作の「風立ちぬ」まで、スタジオジブリ作品のキャラクターグッズを豊富にそろえる。店舗面積は16.5坪。入り口では、大きなトトロのぬいぐるみが出迎える。



グッズはぬいぐるみや日用品に加え、各種雑貨、関連書籍、CD・DVDなどを集めたライブラリーコーナーも展開する。11月23日に公開される「かぐや姫の物語」の公開に合わせ、同作のグッズの取り扱いを始めるほか、10月15日からは「どんぐり共和国」限定のオリジナルピンバッジ付き前売り券も販売する。

札幌には姉妹店舗「どんぐりガーデン」があったが、2010年に閉店。札幌地区のジブリファンから新店オープンの要望が相次ぎ、今回の出店に至ったという。

「こぢんまりとした店舗だが、来店されたお客さまがスタジオジブリ作品を見たときに感じた気持ちや思い出などを、誰かに伝えたくなるようなお店を目指している」と、同店を運営するベネリックの広報担当・矢作麻美さん。

オープン記念として、先着順で2,100円以上の商品購入者に札幌パセオ店オリジナルの巾着をプレゼントする。

営業時間は10時~21時。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事