文春ジブリ文庫より、ジブリの教科書 第5巻『魔女の宅急便』が発売されました。
本書のナビゲーターに内田樹さんを向かえ、氷室冴子さん・松任谷由実さんと宮崎駿監督の対談を収録。魔女のキキが飛べなくなること、黒猫のジジと言葉が通じなくなること、働くということ。内田樹、上野千鶴子、青山七恵らが、少女の成長物語の金字塔「魔女宅」の魅力を読み解く一冊になっています。



ジブリの教科書
『魔女の宅急便』目次

ナビゲーター・内田 樹
空を飛ぶ少女について

Part1 映画『魔女の宅急便』誕生
『魔女の宅急便』のヒットと社員化
鈴木敏夫 頭を殴られた一言とプロデューサー洗礼の日々
角野栄子 鳥の目から見た町
宮崎 駿 この作品では、一人の人間のいろいろな顔を見せたかった
氷室冴子×宮崎 駿 いま、“幸せになる”って何?

・viewpoint・上野千鶴子
なぜキキは十三歳なのか?

[プロデューサー・脚本・監督] 宮崎 駿
「キキが黒い服をまとうわけ」
[キャラクターデザイン・作画] 近藤勝也
「絵には自分の内面が表れますね」
[美術] 大野広司
「リアルさと存在感そして光の表現にてこずってます」
[背景] 男鹿和雄
「ぜいたくで楽しい仕事でした」
[原画] 二木真希子
「女性だけでなく、だれもが直面する問題」
[原画] 井上俊之
「キキは鼻の位置がむずかしい」
[音楽] 久石 譲 「今回はヨーロッパの舞曲をモチーフにしています」
[音楽演出] 高畑 勲 「架空の国のローカル色を出す」
三日間完全密着取材!! アフレコ・ルポ
『魔女の宅急便』制作秘話
映画公開当時の掲載記事を再録!

Part3 作品の背景を読み解く
松任谷由実×宮崎 駿 やさしさに包まれたなら、少女は……
柳沢 健 ユーミンはもう、キキではなかった
青山七恵 キキが教えてくれたこと
正木 晃 魔女の東西
天沼春樹 飛行船と魔女がとぶ空
細馬宏通 キキはとび、町は剥がれる
朝比奈あすか かつて十三歳だった全ての大人に
中野京子 ウルスラの絵の謎を解く
南 果歩 ずっと心に残っていたキキのセリフ
C・W・ニコル×宮崎 駿 魔女とほうきと黒猫と

大塚英志 『魔女の宅急便』解題
出典一覧
映画『魔女の宅急便』クレジット
宮崎 駿プロフィール

ジブリの教科書5『魔女の宅急便』
ある満月の晩、13歳の魔女・キキは、黒猫のジジとホウキに乗って故郷を飛び立つ。初めての町、初めての出会い、初めての仕事、初めての挫折…少女の成長物語としても人気の高い作品の魅力を、内田樹、上野千鶴子、青山七恵ら豪華執筆陣が読み解く。挿入歌の松任谷由実と宮崎駿による貴重な対談など、再録記事も充実!

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事