メアリと魔女の花アニメ界のアカデミー賞とされる第45回アニー賞がロサンゼルスで発表され、ディズニー/ピクサーの『リメンバー・ミー』が長編作品賞を始め、候補になった全部門を受賞しました。
同賞に日本からは、3作品がノミネートされていましたが、受賞はなりませんでした。



日本から片渕須直監督の『この世界の片隅に』と神山健治監督の『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が長編インディペンデント作品賞にノミネートされていたが、同賞は全9部門で候補になっていた『The Breadwinner』が受賞しています。

また、スタジオポノックの米林宏昌監督作品『メアリと魔女の花』は、脚本賞とプロダクションデザイン賞2部門にノミネートされていましたが、残念ながら受賞はかないませんでした。


ジブリ情報配信中



関連記事