ダム・キーパー 百日紅3月5日(土)三鷹市芸術文化センターにて、「三鷹の森アニメフェスタ2016 ~アニメーション古今東西 その13~」が開催されます。毎年恒例、三鷹の森ジブリ美術館が厳選する、古今東西の傑作アニメーションを上映します。今年は、トンコハウスの『ダム・キーパー』や、原恵一監督の『百日紅~Miss HOKUSAI~』などを含む名作が上映されます。



第一部では、「動物とアニメーション」と題して、エポックメイキングとなった傑作や、普段なかなか目にすることができない作品が上映されます。

第二部では、原恵一監督『百日紅~Miss HOKUSAI~』の上映と、現代アーティストの小松美羽さんのトークショーが行なわれます。

第一部「動物とアニメーション」上映作品
ダム・キーパー
①「こねこのスタジオ」 (森やすじ/1959年/16分/日本)
②「雌牛」 (アレクサンドル・ペトロフ/1989年/10分/ロシア)
③「ひつじのショーン チャンピオンシープス」 (リチャード・スターザック/2012年/15分/イギリス)
④「夜のとばりの物語 嘘をつかなかった若者」 (ミッシェル・オスロ/2010年/13分/フランス)
⑤「黒いきこりと白いきこり」 (薮下泰次/1956年/15分/日本)
⑥「ダム・キーパー」 (堤大介、ロバート・コンドウ/2014年/18分/アメリカ)

第二部『百日紅~Miss HOKUSAI~』特別上映&小松美羽トークショー
百日紅
上映後は、現代アーティストの小松美羽さんをお招きして、映画の魅力について、たっぷりとお話を伺います。司会及び聞き手は、東海ラジオの人気パーソナリティ小島一宏アナウンサーです。

三鷹の森アニメフェスタ2016 ~アニメーション古今東西 その13~
日時:2016年3月5日(土)
【第一部】午前11時~午後12時30分頃 「動物とアニメーション」
【第二部】午後14時30分~午後17時頃 「百日紅~Miss HOKUSAI~」特別上映と小松美羽さんトークショー

場所:三鷹市芸術文化センター 星のホール

招待者数:第一部、第二部とも200名を招待(市民:4名1組で40組160名、市外:2名1組で20組40名)

≫申し込みの詳細はコチラ


ジブリ情報配信中



関連記事