日経BPコンサルティングの調査による、後世に残したいアニメランキングが発表されました。
スタジオジブリからは、『となりのトトロ』が3位、『天空の城ラピュタ』が5位と、宮崎駿作品が2作トップ10入りを果たしています。



テレビアニメ『進撃の巨人』の主題歌がNHK『紅白歌合戦』で演奏され、その映像が大みそかのお茶の間に流れた。映画の興行収入も、『風立ちぬ』の130億円を筆頭に、トップ3をアニメ作品が占めている──。エンターテインメントの枠を超え、近年その存在感を急速に増しているアニメ。『鉄腕アトム』が放送された1963年、わずか6本だったテレビアニメの制作本数も、2012年は222本(日本動画協会調べ)、劇場版も50本を超え、今、まさに隆盛を迎えている。

振り返れば、1960年代に始まったテレビアニメは、ベビーブームを迎える1970年代、エンターテインメント産業華やかなりし1980年代に、数々の名作を生み出した。大人になった我々は、今なお鮮やかに、当時の感動を思い出すことができる。そういった作品が、現在のブームにつながる基盤を築いている。

美しく共感できる絵、心情をつまびらかにするキャラクター、ドラマ性の高いストーリー──「日本人にしか作れない」と世界も俄然(がぜん)注目するアニメ。今、見返すべき、また、永遠に残したい我々の心を打った名作は何か。まずは、アンケートから明らかになった「好きな作品」ランキングを紹介していく。

■総合1位は『機動戦士ガンダム』
「総合」1位に輝いたのは、男性票を中心に広い世代から満遍(まんべん)なく票を集めた『機動戦士ガンダム』。1979年に放送を開始し、ロボットブームを巻き起こしたまさにエポックメイキングな作品だ。『ガンダム』を冠にしたシリーズ作品が数年おきに作られているため認知度は抜群だった。今回は、すべての始まりの“ファーストガンダム”に票が集まった格好だ。

2位の『ドラゴンボール』は、25~34歳の若い世代では第1位。テレビ放送終了から15年以上が経過してもなお人気の高さを証明した。純粋に強さを追求しながらも、地球や仲間を守るために戦う悟空の熱いバトルは、時代や世代を超えて胸を熱くさせている。

宮崎駿監督作品のトップに立ったのは、3位に入った『となりのトトロ』。5位には『天空の城ラピュタ』が入るなど、50位までに6作品がランクインする強さを見せつけた。

4位にはスペースファンタジーのフラッグシップ『宇宙戦艦ヤマト』が。後続には、6位『ドラえもん』、7位『ルパン三世』、8位『サザエさん』と長期にわたりテレビ放送されているシリーズ作品が続く。同率8位の『銀河鉄道999』は、第2次アニメブームの急先鋒(せんぽう)として面目躍如。

10位にはジャンプアニメの『CITY HUNTER』と、1990年代の作品から唯一のトップテン入りとなった『新世紀エヴァンゲリオン』が並んだ。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事