あめつち ~天地の初発のとき~JR西日本米子支社と、鳥取・島根の2県が、山陰エリアで運行する新しい観光列車「あめつち ~天地の初発のとき~」の概要を発表しました。
映画監督の錦織良成さんと、スタジオジブリで美術監督として活躍した吉田昇さんが協力。2018年7月から山陰本線の鳥取~出雲市間で運行されます。



「あめつち」のコンセプトワーク・総合ディレクション・監修は、映画監督の錦織良成さん。島根県出雲市出身で、2010年には同県内の一畑電車を舞台にした映画「RAILWAYS」を制作しています。

さらに、ジブリ作品『崖の上のポニョ』などで美術監督を務めた吉田昇さん(島根県松江市出身)が、車両デザインの色彩を担当しています。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事