ラピュタパン ジブリ飯スタジオジブリ作品に登場する食事、いわゆる「ジブリ飯」を自分で作って食べていこうということで、今回は『天空の城ラピュタ』に登場した、目玉焼きパンを作ってみました。
パズーとシータが洞窟の中で食べていたあれです。通称、「ラピュタパン」と呼ばれています。




映画では、トーストに半分の目玉焼きを乗せただけなのですが、それだけだと味気ないので、トッピングを加えてみました。
六本木の「ジブリの大博覧会」でレストランにあった目玉焼きトーストを意識しています。

食パンは4枚切り

ラピュタパン ジブリ飯
食パンは、映画と同じくらいの厚みを再現するには4枚切りにすると良いです。

マヨネーズをかける

ラピュタパン ジブリ飯
食パンにはマヨネーズをかけていきましょう。
目玉焼きをのせるので、真ん中は空けておきます。

チーズをのせる

ラピュタパン ジブリ飯
次に、シュレッドチーズも同じようにのせていきます。

目玉焼きをつくる

ラピュタパン ジブリ飯
フライパンに油をひいて、目玉焼きをつくります。
ここではオリーブオイルを使いました

白身が固まればOK

ラピュタパン ジブリ飯
目玉焼きは黄身が焼けていなくても、白身が固まっていればOKです。
これをパンに乗せて、トースターで焼きます。

いただきます

ラピュタパン ジブリ飯
こんがり焼け目ができたら、全体に粉パセリをふりかけたら、ちょっと豪華になったラピュタパンの出来上がり。
手軽にできて美味しいラピュタパン、朝食にいかがですか?


ジブリ情報配信中



関連記事